アメックス10秒スピード審査の真実-落ちるかも!?

ステータスの高いアメックスカードはVISAやJCBなどのブランドの中でも国際的ステータスが高く、持っていれば自慢できるカードです。

外国ではこのカードをもっているだけで、その人自身も信頼度まで高くなるくらいのクレジットカードです。

そんなクレジットカードがわずか10秒審査と呼ばれるスピード審査が話題となっています。

わずか10秒で何が行われているのでしょうか。
アメックスの審査についてご説明していきましょう。

アメックス10秒審査とは

アメックスを申し込にはまず下記のような入力フォームに必要事項を入力していきます。

アメックス10秒審査

全ての入力が終わると「カードを申し込む」をクリックします。

すると、10秒審査が始まりました。

アメックス10秒審査

その後、体感としては1分程度はあるとおもいますが、

審査に通った場合

 アメックス10秒審査

通過した場合は、審査が「完了」しました。カードをお届けします。

と表示されるので、あとはカードが到着するのを待ちましょう。

審査を継続する場合

アメックス10秒審査

引き続き審査が必要な場合は、「引き続き、審査を行います」という結果が表示されます。

審査結果は、自宅に手紙が到着して合否を知らせてくれますので、10日前後待つことになります。

一体、10秒間でどんなことをしているのでしょうか。

10秒間で審査していること

たった10秒間でアメックスは以下3社に問い合わせ、個人の過去から現在までの借り入れなどの個人情報を確認しています。

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行協会(全銀協)

この3社は、簡単にまとめると

過去の金融取引の全データの記録が管理されている信用情報センター

ということになります。

銀行でのローンや、クレジットカードの取引、消費者金融での借り入れについての記録が確認できます。

返済履歴や延滞情報まで、全てです。

一般的にブラックリストと呼ばれるリストに載っていたかどうかもわかります。

(実際にはブラックリストは存在しません)

これら信用情報機関は個人のクレジットヒストリーを参照して、新しくクレジットカードを作成してもいいのか?信頼してもいいのか?を判断します。

もちろん、大学生や新社会人など、初めてクレジットカードを作成する人にはクレジットカードヒストリーがないので、借り入れ申込書などで申告された情報を元に審査していきます。

一般的に30歳を超えてもクレジットカードヒストリーがない場合は、信用力の判断ができないとして、審査に落ちてしまう場合もあるようです。

CIC、JICC、全国銀行協会の違いはなんでしょうか。

CIC

CICには主に消費者金融系が利用しているようです。

JICC(日本信用情報機構)

主に銀行カードローンの保証会社やクレジットカード会社や消費者金融が登録利用をしている信用情報機関となります。

三井住友カード、JCB、アメリカンエキスプレスなどが加盟しています。

全国銀行協会(全銀協)

銀行関連、銀行の子会社や銀行系のクレジットカードなどが登録利用している情報機関となります。

審査に落ちた方・落ちるかもしれない

自分の信用情報が心配ならどういう状態か調べることができます。

過去に延滞履歴や破産、金融事故(いわゆるブラックリスト)に載っているかもいれないという方も、これから新しくクレジットカードを作りたいという方にはおすすめです。

また過去にブラックリストに載ったことがあると自覚している方も、最後の返済から5年経っていれば借金の返済義務がなくなっていることがあります。

完済している方も、過去に一度延滞が続きブラックリストに載っている方も5年経過していれば、ブラックリストを消すことができます。

参考までですが、5年経過しても自動的にブラックリストから自分が削除されるわけではありません。

<信用情報を調べる方>

  • これからカードを作りたい方
  • 過去にブラックリストの載っている方

自分の信用情報を調べて、ブラックリストから消せるかどうかは専門家に任せることができます。

相談は無料なのでお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

当時の借り入れの記憶がなくても、相談員の方がいろんな角度から質問してくださるので少しずつ思い出しながらお話できるのでご安心ください。

借り入れ先の調査も全てお任せできます。

司法書士事務所リンク

過去に延滞などの心配がない方はアメックスにお申し込みが可能です。

アメックスは新規入会するとポイントがもらえます。

2パターンあります。

  • 公式サイトからの入会
  • 当ブログからの紹介入会

当ブログからの紹介で入会する方がポイントが多くもらえるのでおすすめです。

アメックス紹介はこちら

ブラックリストとは何ですか?

ブラックリストとよく耳にしますが、実際には延滞の「事故情報」の事を言います。

信用情報機関が個人の信用情報を管理してデータベースを作成していて、顧客の信頼度や危険度を表しています。

信用が低い状態の方を「ブラックリストにのった」と読んでいますが、実際には「延滞」している方の事を言います。

どこから借りていた忘れました

専門家にまかせればどこから借り入れしていたか。現在どのような状態になっているのか調べてくれますので、安心してお問い合わせしてみてください。

相談する事で精神的にもかなり楽になるのではないでしょうか。

事故情報って具体的にどういうこと

信用が低い状態の方を「ブラックリストにのった」と呼び、「延滞」している方の事をいいますが、実際にはブラックリストではなく金融「事故情報」がついたということになります。

この事故情報はいくつか細かく分ける事ができます。

  1. 延滞の事実
  2. 債務整理が始まった事実
  3. 保証会社が代わりに返済してくれた事実
  4. 破産、個人再生、特定調停の申し立ての事実

ブラックリストに載ると、永遠に借りれない?

ブラックリストに載っても、完済したり、債権者から請求されなくなってから5年経過すると消滅時効という法的効力を行使できるので、ブラックリストを消す事ができる可能性があります。

専門家によってブラックリストから名前が削除されると新規の申し込みする事が可能です。

ブラックリストに載ると、どれぐらい不便?

ブラックリストに載ると、住宅ローンを組めなかったり、クレジットカード新規作成できないなど、社会生活がかなり不便になります。

ただ、戸籍にのったり、住民票に載ったりする事はないので、一般生活をしている上で家族に知られたりするなどの心配はありません。

もちろん国民健康保険や生命保険などにも加入する事ができません。

ただ、賃貸マンションの審査に通らなかったり、自動車ローンが組めないなどの問題は出てくる可能性がありますので、注意が必要です。