【合法的】ブラックリストを消す方法はあるのか?

ブラックリストにのってしまった!

どうにか消す方法はないでしょうか。

  • 住宅ローンを組みたい
  • クレジットカードをつくりたい
  • 自営業を始めたいので資金を作りたい

人生の今後の計画を立てるためにも、自分の信用情報をキレイにしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもブラックリストは存在するのでしょうか。

答えはNO!です。

ではブラックリストとは何でしょうか。

ブラックリストって存在する!?

ブラックリストとは、一般的な呼び方です。

正式には事故情報・異動情報といいます。

時効援用

私たちは借り入れをすると、信用情報機関に借り入れ履歴や延滞情報などの記録が記載されます。

信用情報機関とは以下3つです。

  • CIC・・・クレジットカード会社・信販会社
  • JICC・・・消費者金融・信販会社
  • 全銀連・・銀行・信用金庫

借金を返済せず、放置していたり、債務整理していたり、借金の時効援用をしていたりすると、あなたの借り入れ情報に「異動」という文言が記載されます。

異動情報・・・信用情報機関に登録されるネガティブな情報

この異動情報(事故情報)が一般的にブラックリストと呼ばれています。

異動情報(事故情報)が掲載されている間は、

 

クレジットカードの新規申し込み

(住宅・車)ローンの申し込み

 

など、新たな借り入れはできません。

ブラックリストになる理由

ブラックリスト(異動情報)になった理由はなんでしょうか。

  • 2ヶ月以上、延滞している
  • 自己破産・任意整理した
  • 代位弁済した

このほか、申し込みにも注意が必要です。

申し込みしすぎ

クレジットカードの新規申し込みを一度に複数したり、消費者金融などを短期間でたくさん申し込むとブラックリストに載る可能性があります。この場合は、半年程度ですが掲載されることになります。

携帯電話の支払い延滞

最近は、携帯電話の本体が高額なので分割購入している方が多いと思います。

もし携帯電話料金の支払いが滞ると、ブラックリストに掲載される可能性が高まります。

奨学金の支払い延滞

奨学金を延滞しているニュースがよく流れていますが、一定期間延滞を続けるとブラックリストに掲載されるので注意が必要です。

ブラックリストに載らないパターン

  • 電気
  • ガス
  • 過払金請求
  • ブラックリストに家族が載っている

これらはブラックリストとは一切関係ありません。

それでは、実際にブラックリストを削除する方法です。

ブラックリストを消す方法

借金を返済せず延滞していたからブラックリストにのりましたよね。

じゃぁ、完済したらブラックリストから消えるのでしょうか。

実は、

延滞しているお金を全て返済しても、ブラックリストからは消えません。

もちろん、延滞も債務整理もしていないのに、ブラックリストに掲載されているのでしたらもちろん削除依頼をすることは可能です。

信用情報期間でのブラックリスト掲載期間は次の通りです。

JICC・・・消費者金融・信販会社

2ヶ月以上延滞すると「延滞」の文言が入りブラックリスト入りです。

JICCでは延滞して完済後、ブラックリストから消えるのは1年必要になります。

CIC・・クレジットカード会社・信販会社

延滞すると、「異動」という文言が入りブラックリスト入りです。

CICでは完済してから5年でブラックリストから消えると言われています。

たとえば、完済するのに5年かかると、トータルで10年かかることになります。

[SEN]

ですが、ブラックリストの削除依頼ができる方法が一つだけあります。

ブラックリスト削除依頼

消費者金融(レイク・アコム・アイフルなど)や銀行・クレジットカードなどから借り入れをしており、返済せずに放置している場合です。

最後に返済してから5年経過していると時効になっている可能性があります。

時効になるとたとえ100万円の借金があっても「完済」扱いとなり0円になります。

つまり、借金が帳消しになるというものです。

ネットで色々調べていると体験談がありましたのでご紹介したいと思います。

12年前に2社の消費者金融から借り入れ

 

返済せずに放置していたので、信用情報を確認。

消費者金融1社の履歴がのこっていた。

この1社に対して時効援用通知書を送り、ブラックリストを削除してもらいました。

(時効援用通知書・・・時効が完成しているので、消費者金融に通知する書類)

この事例では最後の返済した日付が記載されていないので詳細まではわかりませんが、おそらく5年以上経過しているので、時効が完成し、削除してもらえた推測されます。

ポイントは、信用情報機関であるCICやJICCに登録抹消を依頼するのではなく、実際に取引していた消費者金融に時効援用の内容証明を発送する必要があります。

そして消費者金融から信用情報機関に削除依頼が行くという流れです。

ブラックリスト削除のまとめ

基本的にはブラックリストの削除はできません。

ただし、時効が成立している場合は別です。

最終返済日から5年経過している場合は時効が完成している場合があります。

時効援用通知書を作成して、ブラックリストから削除してもらいましょう。

ただし、時効援用はとってもデリケートですので慎重に行うようにしてくださいね。