任意整理のデメリットが知りたい!リスク回避できる理由

任意整理をすると、実はメリットが沢山ありますよね。例えば、

  • 借金が減額になる
  • 利息をカットしてもらえる
  • 毎月の返済額が少なくなる

といいことばかり。

でも、その裏にはデメリットもあるはずですよね。

任意整理をすると、どんなデメリットがあるのでしょうか。

デメリットを知ったとしても、それ以上に任意整理をした方がいいのかどうかも検証したいと思います。

任意整理のデメリット

任意整理でブラックリストに載る

任意整理をすると一般的に「ブラックリスト」と呼ばれるリストに載ります。

時効援用

あなたが銀行などで新たに融資を受けたい時や、クレジットカード新規作成するときなどに、(あなたの)信用情報の状態を調べると、信用情報が「事故」している。

ということから、「信用情報に事故情報が載る」というと言われています。

これを、ブラックリストに載るというように表現されています。

この状態になると、つまり任意整理をすると5年から7年程度は新しい借り入れはできません。

住宅ローンを組むのはもちろん、クレジットカード の新規作成、金融機関での新たな融資はできません。

でも、ありがたいことに、

家族や友人、職場などには、一切知られることはありません。

誰にも内緒で進めることができます。

金融機関との書類などのやりとりを自宅に届ける必要がないからです。

それは、あなたが相談した弁護士や司法書士の事務所が間に入り、すべての手続きを代行してくれるからです。

任意整理では全額免除にはならない

最初にも少し述べましたが、任意整理をしても全額借金がなくなるわけではありません。

任意整理とは、これまでの金融機関での返済状況や利息を調査します。払いすぎた利息がある場合は借り入れ金額を減らすことが可能です。

ですが、あまり減額できないことも多いので、その場合は今後の返済額の利息を0%にしてもらったり、返済金額を減らしてもらうなどの交渉をします。

利息が0%になるということは、返済した金額がすべて元金に充当されていくので、かなりのスピードで借金が減っていくというメリットがあります。

自己破産すると借金が帳消しになりますし、個人再生という方法ではかなり減額できることもあります。

任意整理がいいのか、自己破産または個人再生がいいのかという方法は、依頼した先生と相談して最善の方法をアドバイスしてもらうのがおすすめです。

任意整理が必ずできるとは限らない!?

借金時効援用

借り入れ期間や返済状況など、悪質な場合や、借り入れしてからまだ時間があまり経っていない場合は交渉ができない可能性がありますので注意が必要です。

実際に担当の司法書士に相談してみるのがいいでしょう。

ここまではデメリットをお伝えしてきましたが、それ以上に任意整理をするメリットはあるのでしょうか。

それでも任意整理をするメリットはあるの?

支払いしない期間が発生

なんと、任意整理をすると支払いをしなくてもいい期間が発生します。

弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、まずは借り入れ業者に「任意整理をします」という内容の通知を発送してくれます。(受任通知の発送)

すると、金融業者は督促業務ができない状態になりますので、一旦返済をストップすることができます。

裁判する必要がない

任意整理をすると、金融業者との話し合い(和解)によって今後の返済計画を立てることになります。

もしも、破産や個人再生を選択してしまうと必ず裁判所を通した手続きをする必要があるので、裁判所へいくなどの手間がかかってしまいます。

任意整理すると裁判所を通さずに手続きすることができるので、比較的負担がすくないのがメリットになります。

さらに、金融業者との和解交渉は全て専門家が手続きしてくれるので、全てお任せという点でも精神的負担がありません。

全ての業者を任意整理しなくてもいい

 

ほとんどの方が複数の金融業者からの借り入れをされていると思います。

返済金額が大きくてちょっとしんどいな。。。

という金融業者のみを任意整理することが可能です。

ただ、たとえ1社のみ債務整理したとしてもブラックリストに乗ってしまうことには変わりありません。

それならすべての業者を任意整理することをおすすめします。

全社への返済を一旦ストップし、今後すべての業者に利息が払わないように交渉するほうがとっても効率が良いのです。

完済までの道のりが格段にUPします。

ですので、任意整理をするならば全社することをおすすめします。

借り入れ元本が減るかもしれない

任意整理の手続きでは、金融業者から過去の取引履歴を取り寄せて、過剰な利息の契約になっていないか調査します。

もしも高い利息を支払っていた場合は、再計算して払いすぎた利息分だけ借金を減額交渉が可能です。

場合によっては、返還請求することもできる可能性があります。

思わぬところで手元にお金が帰ってきたらとても嬉しいですね。

今後の利息が0%になる

任意整理すると、今後の支払い金額を減らす交渉ができるだけではなく、利息ナシ、つまり0%で返済することができます。

仮に1万円返済すると、1万円が全て元本に当てられますので、どんどん元金が減っていきます。

(以前は、1万円返済すると7千円が利息に充てられて、元本が3千円しか減らなかったという状況だったと思います。)

余分な利息を払うということがなくなりますよね。

まとめ

任意整理のデメリットとしては、

  • ブラックリストに載る
  • 借金が全額免除されない
  • 任意整理が必ずできるとは限らない

このようなリスクがあることをご紹介してきました。

ですが、任意整理を考えている方はおそらく支払いに息詰まってきた方には、のどから手が出るほどやってみたい手続きだと思っています。

デメリットを凌駕するメリットとして、

  • 一定期間、支払いがストップできる
  • 裁判所を通さずに和解できる
  • 全ての業者を整理しなくてもいい
  • 支払い金額が減額できる可能性がある
  • 将来の利息が0%にできる

このメリットはあなたの生活をかなり楽にしてくれるものになるのではないでしょうか。

ブラックリストに載ってしまうというデメリットはありますが、おそらく数社から借り入れをしているのであれば、もう追加融資してもらうのは難しい状態になっているのではないでしょうか。

さらには、自転車操業で毎月の返済額が圧迫して、余裕のある生活が送れない状態にも。。

利息にばかり充当されて、払っても払っても借金が減らない。。。

こんな状態から1日も早く抜け出していただきたいと思います。

将来の人生設計ができる日が1日でも早く訪れますように!

相談だけなら無料です。

豊富な相談実績がある杉山事務所へ一度無料相談してみてはいかがでしょうか。

司法書士法人杉山事務所 無料相談