保証人も救われる!借金の時効はできる?何年で時効?

連帯保証人になったのはいいけど、本人もずっと返済していないようだし。。

・連帯保証人にも借金の時効がきたら消滅するの?

・もし借金の時効があるなら何年で時効になるの?

生活に関わることですので、とても重要なポイントになると思います。

ここではわかりやすい解説を交えながらご説明していきたいと思います。

保証人時効援用

本来お金を借りている借り入れ人の債務者をAさんとし、

その連帯保証をしている連帯保証人をBさんとします。

 

連帯保証人にも時効は成立する

保証人時効援用

結論としては、連帯保証人Bの債務も時効が成立します。

どんな借り入れをしているかによって時効が成立する期間が変わってきます。

消費者金融などから借り入れている場合は5年で時効期間を迎えますが、友達や親戚身内など個人から借金をした場合は10年で時効が成立します。

時効のカウントは、連帯保証人Bが返済した最終返済日の翌日からとなります。

保証人時効援用

そのため連帯保証人B自身も時効の援用をする必要が出てきます。

でも、ちょっと待ってください。

もともと借り入れをした本人(債務者)Aの方の状況はどうなのでしょうか。

主債務者Aの時効は成立していますか?

仮に主債務者Aが払えなくなってしまって、連帯債務者Bが払っていた場合はどうなるのでしょうか。

Aさんの債務とBさんの債務は同じ借金であるにもかかわらず、時効期間はそれぞれの最終返済日からカウントされるので、それぞれの期間に応じて時効が成立します。

Bさんが代わりに払っていた場合、先にAさんの時効成立の期間がやってきます。その後Bさんの時効成立の日がやってくることになります。

保証人時効援用

なんとなく不公平に感じませんか?

Aさんの借金を手伝ってあげているのに、先にAさんだけ時効援用ができて、Bさんだけが払い続けているなんて、なんとなく理不尽で仕方ありません。

ここで、法律は助け舟を出してくれています。

Bさんの借金はAさんの借金に付随するものなので、Aさんが時効援用により借金が消滅したらBさんの連帯保証債務も消えて無くなります。

保証人時効援用

つまり、Bさんはもう借金を払わなくていいのです。

Bさんの時効期間が成立していなくてもAさんの時効期間の成立を援用する事が可能です。

法律用語で保証債務の追従性といいます。

保証人Bは主たる債務Aの主滅時効によって直接利益を受ける立場にあるので主たる債務の時効援用ができます。

連帯保証人Bは主債務者Aの消滅時効を援用することが可能です。

ポイントは、連帯保証人Bさんが、債務者Aの消滅時効を援用するということです。

連帯債務Bさんが、連帯保証人自身の分のみの時効援用をすると連帯債務Bについてのみに効力を発揮します。

この場合債務者Aさんは時効を援用していませんので、Aの借金は残ったままです。

保証人時効援用

時効が成立しかけているのに、本人が借金を認めた!?

もうすぐ5年経過しようとしている時に、債権者からの督促や請求があり、思わず返事をしてしまった。。

裁判所から手紙が届いてしまった。。。

なんてことが起こる場合があります。

債務者A・連帯保証人Bともに最終返済日から5年が経過し、時効の援用ができる。という時期に債務者Aが借金を認めってしまったのです。

この場合、債務者Aが債務を承認したり、裁判上での請求を受けたことによって、時効期間が止まってしまって「時効が中断」してしまった場合に、連帯保証人Bの時効期間も一緒に中断するのです。

保証人時効援用

債務者Aが借金の返済をしているのであれば、連帯保証人Bの時効は完成しないのです。

では、時効が成立しかけているのに、連帯保証人Bが借金の一部返済をしてしまったらどうなるのでしょうか。

時効が成立しかけているのに、保証人が借金を認めた!?

先ほどとは逆のパターンで連帯保証人Bが時効成立間際に支払ってしまった場合です。

前提として債務者Aも連帯債務者Bも約5年間支払いをしていない状況です。

連帯保証人Bは債務者Aではありませんので、Bが一部返済したとしても、「Aが債務を認めた」こととイコールにはなりません。

そのため、連帯保証人Bが借金の一部を返済したとしても債務者Aの時効期間が中断することなく、Bがいつ返済しようともA自身の最終返済日から5年経過することによって時効の援用をすることが可能です。

保証人時効援用

ということは、連帯債務者Bが返済しつづけていたとしても、債務者Aが時効を援用して借金がなくなれば、BはAの消滅時効を援用できるということいなります。

結局、Aの時効が成立し時効援用さえすれば、Bも支払いを免れることになるのです。

以上のことから、保証人の立場がどのようになるのかお分かりいただけましたでしょうか。

ただし最終的に素人判断で行動すると思わぬところに落とし穴があることがあります。

疑問があれば専門家に相談することをおすすめします。

相談だけなら無料ですので、無料相談を活用しましょう。