時効の援用の費用は?弁護士?司法書士?安い専門家は選んじゃだめ??

時効の援用にかかる費用の相場はどれぐらいなのでしょうか。

弁護士や司法書士、行政書士となると高いんじゃないかと心配になりますよね。

しかも自分の借金を帳消しにする事ができるとなると、手が出ないんじゃないか。。。

心配ですね。

時効の援用の費用はどれぐらい高いのでしょうか。

例えば、100万円あっても1000万円あっても借金の時効が成立しているならば、時効の援用をして0円にしたいです。

5年間放置していた場合、少額の借り入れであったとしても、支払っていない間の遅延損害金が膨れ上がっているのでかなりの高額借金になっていると考えて良いのではないでしょうか。

例えば50万借り入れしていた場合、5年放置していると「元金+遅延損害金」で総額100万円以上になっています。

ここで借金がなくなれば、精神的にも安定するし、そもそも経済的メリットもかなり大きいですよね。

ネットで時効援用をしているサイトを50件程度調べてみました。

弁護士や司法書士、行政書士によっても違いますが、手続きの内容は同じです。

弁護士に依頼した方が完璧に業務を遂行してくれると言うわけでもありません。

それよりも時効の援用を専門的に運営している事務所に依頼するほうが経験値も高く迅速に対応してくれます。

1日でも早く「時効の援用」をして支払い義務をなくしたいですよね。

相場はほとんどが3万円前後でした。

借金がなくなるのであれば、破格の値段ではないでしょうか。

時効の援用とは、

 

自分の借り入れに対し、最後の返済日から5年が経過し、その間放置していたとします。

 

その間訴訟もされず、「支払います。」とも返答もしていない場合、その借り入れが時効になっている可能性があります。

 

あなたの支払い義務が消滅しているかもしれません。

 

その時効を証明(援用)する事を時効の援用と言います。

手続き自体は個人でもする事が可能です。

借金時効援用

手続きの途中に「過払金」が出てきたり、そもそも時効の援用ができない事態が発覚するなど、法律の専門知識が問われる事がでてくる可能性があります。

もしかすると「訴訟の通知が自宅に届いていたのを知らなかった。」という可能性だってあるかもしれません。

専門家に任せておけば時効の援用で発生する不測の事態に対応してくださるので、安心です。

それに時効援用の相談だけは無料ですから、いくつかメールや電話で相談してみてご自分に合う事務所に相談してみてください。

1日も早く業者からの督促のない生活を迎えてみてください。

事務所
画像

5年経てば、勝手に借金帳消し?

5年で借金は時効を迎えますが、何もしなくても「勝手に借金が消えるわけではありません」

こちらから「時効の援用」をします。と宣言する事が重要です。

内容証明郵便を使って確実に時効が成立させる事がポイントです。

自分で手続きをすると内容証明の費用として3000円程度ですみますが、時効の援用を失敗させないためにもプロにお任せするほうが安全だと言えそうです。

安い費用でやるなら自分で

時効援用借金

借金の時効援用をしようと考えていると言う事は、最後に返済してから5年は経過している方だと思います。

「もう5年経過してそうだし、自分で時効援用してみようかな。。」

と、自分でもできるし、個人でやれば3000円程度ですみます。

はっきりいって、自分で手続きする方が安くつきます。

ただ、5年間経過しているとはいえ、その通知を送って仮に失敗した場合や、相手が訴訟を起こしてきた場合はどうなるのでしょうか。

時効は成立せず、逆にいままで止まっていた督促が始まる可能性だって出てきてしまいます。

もし仮に50万円の借金

5年間放置していた借金の時効が失敗したら、5年分の延滞利息が上乗せされて請求されますので、合わせて100万円以上の督促を迫られ事になってしまいます。

裁判になってしまえば、その場合は10年間は時効を援用する事ができません。

その間、ずっと新しくローンが組めなかったり、クレジットカードの作成不可、ETCカードが使えない、スマホ分割購入ができない。。。。

などなど、日常生活に不便になる事がつぎつぎと出てくるのです。

まとめると、個人で借金の時効援用はできるが、慎重に行うようにしてください。

事務所
画像

 

借金の時効は何年?

借金時効援用

借金の時効は5年とお伝えしてきましたが、正確には5年あるは10年となります。

銀行やクレジットカード、家賃、携帯電話などの商取引については、5年で時効援用が可能です。

また個人間の貸し借りについては10年で時効援用が可能です。

友人親戚からの借金も時効は10年です。

5年間もの間、借入先からの請求や督促が続けば精神的にもつらいものになると思います。

もし勤務先の電話番号を教えているのであればいつ電話がかかってくるかと、落ち着かないきもちになりますよね。

時効の援用まで放置しておくのは生半可な気持ちではできないということですね。

いつのまに裁判所からの手紙が!?

借金の時効は5年で時効援用ができるとお伝えしてきましたが、自分では5年経過していると思っていても思わぬところで

「5年経過していなかった!?」という結果になってしまいます。

例えばどのようなことがあるのでしょうか。

  • 訴訟された
  • 裁判所から差し押さえ命令された
  • 一部借金を返済した

このようなことがあると、時効が中断してしまいます。

時効が中断すると、5年だった時効期間が、10年になってしまうので可能性があるので注意が必要です。

消費者金融やクレジットカード会社からどれだけ督促状が届いても時効の中断にはなりませんが、訴訟されて、裁判所から手紙が到着すれば、時効の中断になってしまいます。

そのほか、督促の電話があって、「◯◯までに払います」「今は返せません」と返答してしまった場合は、滞納しているのを認めたことになるので、時効が中断してしまいます。

借金の時効援用の費用についてまとめ

時効援用借金

費用は自分で内容証明を作って郵送するだけなので3000円程度でできます。

自分で手続きした場合は、時効援用は法律の諸問題が複雑に絡み合っているので、何か不測の事態がおきてしまわないように慎重にしてください。

専門家に依頼すれば1件3万円程度が相場です。

問題ないと言う方は、自分で手続きが可能です。

たとえば、50万円の借金について時効の援用をする時に、自分なら3000円でできますが、もし失敗したらおそらく業者からの督促などが開始されることになるでしょう。

その場合は借りている50万円と、延滞利息がプラスされますので、合計100万円以上が督促の対象になります。

失敗して100万円請求されるかもしれないのなら、最初からすべてプロにお任せする方が安全ですし、不安なことはその場で回答してくれるので精神的にも安心ですね。

事務所
画像

 

借金の時効援用はだれに頼むのか?

借金時効援用

時効援用をしてくれる専門家は、

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士

になります。

費用で選ぶなら行政書士が安いです。

行政書士は書類代行を主な業務としているのでまさにぴったりです。

時効援用通知は作って送ってくれます。

この時注意したいのは、だれでもいいと言うわけではありません。

時効援用は特殊な作業になりますので、専門知識が全ての行政書士にあるわけではありません。

時効援用できます!とHPなどに掲載している事務所にお願いするのをお勧めします。

弁護士と司法書士はどう違う?

クレジットカード審査

弁護士と司法書士も、行政書士と同様に時効援用の書類を作成してくれます。

行政書士が書類作成のプロなのに対し、弁護士と司法書士にはその全てを丸投げすることが可能です。

もし、行政書士よりも費用が若干たかくても弁護士や司法書士の方がいいかもしれません。

仕事や育児、家事などで忙しくしている方には時間的にもメリットが多いのではないでしょうか。

また、時効援用できると思っていたのに、実は裁判所から手紙がきていたのにしらずに放置していた!なんてことになった場合に、司法書士や弁護士なら引き続き対応してくれるというのもメリットですね。

ただ、弁護士事務所の多くは時効援用だけをおこなっていないようです。破産などの債務整理を行う上で時効援用をしていることが多いようです。

そうなると、時効援用が丸投げできて、その後も安心して全てを任せられるとなれば司法書士になるのかもしれません。

ただ、専門家の方と直接メールや電話で相談してみて、ご自分と合うなと思う方に依頼するのが一番だと思います。

借金の時効援用を専門にしている事務所はこちらです。

相談は無料なので第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

事務所
画像

消滅時効が成立していない場合はどうなる?

時効が成立していると思い込んでいても、時効が中断されている場合があることがあります。

債権者から訴訟を起こされ、判決が出ている 場合は時効が中断していることになります。その場合は時効期間が10年に延長になります。

判決が確定した日を0日として計算します。

もし、時効が成立しなかった場合は、債務整理するなどの方法もあります。ブラックリストからきえるのでしょうか

時効援用すると「完済」という状態にすることが可能です。その後ブラックリスト(事故情報)が消滅しますが、場合によっては「延滞後に完済した」という記載がされその後は5年間その情報が残ります。

ある日督促状がきたら?

返済ができなくなってからずっと放置していたのに、突然督促状が届くと言うことがあります。

債権が譲渡されて、◯◯債権回収会社から督促状が届くこともあります。

でも5年以上返済していないのであれば、すぐに法律家に相談することをお勧めします。

連絡をとって話をしていくうちに、債務を認めるような発言をしてしまい、時効が中断する可能性も出てきます。

時効の援用ができる場合があるので自分で判断せずに、法律家に相談してください。

相談は無料でできますので、その上で時効援用の手続きをするかどうか判断していてはどうでしょうか。

事務所
画像