あなたは大丈夫?時効が成立しているか自分で調べる方法

借金を長い間放置しているので、もしかしたら時効になっているかもしれない。と曖昧な記憶などでそう思っているかたも多いと思います。

消費者金融でお借り入れしていた方は、最終返済日の翌日から5年で時効が成立します。

自分が返済した最終返済日を覚えていることはなかなかないと思います。

自信をもって時効援用をして、まだ時効成立していなかったら、

再び督促が始まってしまう可能性があります。

そんな失敗をしてしまわないためにも、慎重にまずは自分で情報を調べるのが先決です。

自分の記憶を信用していいのか!?

最後に返済したのは「◯才ごろだったから、あれからもう5年は経っているな。。。」という自己判断はちょっと待ってください。

もしも、訴訟されている場合は、裁判所から郵便が到着するのですが、「裁判所から郵便は届いていない」と断言できますか?

仮に夜逃げしていた場合は、郵便物を受け取ることはできません。

絶対やってはダメなのは、貸金業者に「自分の最終返済日を尋ねる」という行為です。

自分の債務を認めたことになるので、時効が中断してしまいます。

そこで最終返済日を調べる方法をご紹介します。

信用情報機関に問い合わせをする

信用情報機関は「借り入れ状況の履歴を管理している機関」です。

申し込み、返済、延滞、事故(金融事故)などの情報が全て掲載されています。

信用情報機関は、「CIC」「JICC」「全国銀行個人信用情報センター」の3種類があり、それぞれが情報の共有をしています。

この3つの機関に問い合わせをしましょう。

500円から1000円程度で開示請求ができます。

開示請求することに対するデメリットは一切ありませんので、怖がらずに開示していただいても大丈夫です。

何社から、いくら借り入れていて、いくら債務が残っていたの、はもちろん、最終返済日など細かい情報がわかります。

必要なもの

申込書・本人確認書類・手数料

本人確認書類は「運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・個人番号カード(通知カードは不可)・外国人登録証・健康保険証・公的年金手帳・福祉手帳・戸籍謄本(抄本)・住民票・印鑑証明書」などになります。

CICに信用情報を開示する方法

WEB・窓口・郵送で申請します。

WEB

画面上ですぐに結果を確認できます。

クレジット契約で利用した電話番号(固定電話・携帯電話)から電話をかけて、受付番号を取得します。

1時間以内にWEBで個人情報と受付番号を入力します。

PDFにて情報が表示されるので、ダウンロードや印刷をして保管します。

サービス時間:8:00-21:45

利用手数料:1,000円

お支払い方法:クレジットカード一括払い

公式ページはこちら

郵送

申込書をHPから印刷します。

ゆうちょ銀行の定額小為替証書を1000円分購入します。

書類と手数料、本人確認書類を郵送し、10日程度で郵送で返送されてきます。

窓口

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡の窓口でタッチパネル端末で入力操作して、その場で手渡ししてもらえます。

本人確認書類と現金500円が必要です。

平日10:00−12:00、13:00ー16:00

公式ページはこちら

JICCに信用情報を開示する方法

WEB・窓口・郵送で申請します。

WEB

その場で開示してくれます。

24時間365日可能で、手数料1000円はクレジットカードやコンビニ払いが可能です。

クレジットカード払い以外は手数料がかかります。

まず、「スマートフォン開示受付サービス」のアプリをダウンロードします。

こちらのHPをご参照ください(https://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/mobile/index.html

郵送

CICと同様に申込書と定額小為替証書もしくはクレジットカードで支払って、本人確認書類を同封します。

公式サイトにて申込書があります。(https://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/mail-person/index.html

窓口

東京・大阪の2箇所で窓口開示することが可能です。

手数料500円と本人確認書類が必要です。

月曜〜金曜:10:00〜16:00

公式ページはこちら(https://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/visit-person/index.html

全国銀行個人信用情報センターに信用情報を開示する方法

郵送のみの手続きです。

通常1週間〜10日ほどでお送りします。

書式を公式HPよりダウンロードします。

本人確認書類と1000円の定額小為替証書を同封します。

本人確認書類は2種類同封する必要があるのでご注意ください。

例)運転免許証+健康保険証

公式ページはこちらhttps://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

個人信用情報開示報告書の見方

下記の書類はCICから届くサンプルになります。

時効援用借金
出展:http://www.cic.co.jp/mydata/report/documents/kaijimikata.pdf

個人情報からクレジットカードやローンの履歴などが記載されています。

時効援用借金

上の表の注釈Dのあたり、「26.返済状況(移動発生日)に「異動」と記載されている場合は、金融事故(ブラックリスト)が発生していることを意味しています。

異動と記載される条件

  • 返済日から61日以上もしくは3ヶ月以上の支払い延滞
  • 補償履行(契約者に代わり補償会社が支払いを行うこと)が発生した場合
  • 裁判所が破産を深刻した場合

該当するクレジットカードが解約されると「31.終了状況」に完了と記入されます。

では、ここに記載された情報がいつ削除されるのか、一番気になります。

注釈Fの「2.保有期限:」の欄に日付が入り、期限が過ぎた情報は自動的に削除されます。

クレジット情報は、契約期間中および契約終了から5年間情報は残ります。

契約が終了している場合は、注釈Fの「2.保有期限:」に年月が表示されます。


ちなみに、この情報は一般的に5年間残ります。期間経過すると情報が解消されます。

この期間中は新規のクレジットカード作成など審査に通らなくなります。

「異動」と記載がある付近の日付に最終返済日が記載されていますので、その日から5年経過していると時効が成立していると考えられます。

自宅に督促状が届くようでしたら、「最終返済日」の記載があるかもしれません。そこから計算してもいいでしょう。

訴訟されている可能性を疑う

裁判所から手紙が届いて、裁判を起こされてしまうと、時効が中断します。

判決が確定した日から10年間は時効が成立しません。

訴訟されているかどうかを調べる方法

訴状が自宅に届きます。(裁判所からの手紙)

もし、住所がわからない時は裁判所の掲示板に掲載する公示送達という方法があります。

引っ越しをした場合、住民票も移動しており、郵便局に転送届けも出しているのであれば、郵便は届いているはずです。

もし住民票を写さずに引っ越しをしている場合は注意してください。

郵便物が届かない場合にも裁判は進むことが可能です。

心当たりがある方は、一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

相談だけなら無料です。1日も早く解決して精神的にも楽になられてくださいね。