借金は何年で時効に?払わなくていいって本当ですか?

大手消費者金融やサラ金業者からお金を借りて放置している方もおられるのではないでしょうか。

借金時効になってもう返済しなくてもいいのでしょうか。

  • 大手業者からお金を借りている
  • 10年(5年)ぐらい放置している
  • 何年も返済していない
  • 訴訟にもなっていない

上記に思い当たることはありませんか?

ある突然督促のお手紙がきてしまった。

遅延損害金がどんどんふえているのですが、どうしたらいいのでしょうか。

「お電話ください。」と手紙には書いてあります。

借金がゼロになる場合があります。

大手のサラ金業者などから借りたお金は5年で時効にかかります。

最後の支払い期限から5年経過していれば1円も払う必要はありません。

ただし、個人のサラ金や農協や信用金庫は原則10年になります。

さらに例外があって借りた側の属性によっては5年になる事もあります。

他には時効の中断というのがあります。

「借りたけど、返します。」

という念書を書いてしまったばっかりに、本来5年で時効が成立していたのに、その権利を放棄してしまう「時効の利益の放棄」というものがあります。この場合は返済義務が残ってしまいます。

「一部だけ返済してしまっている」

という場合は、そこからまた5年カウントし始める事になります。

この場合は時効にはなりません。

時効が成立していたらたとえ100万円借りていても一円も返済しなくても大丈夫ですし、

時効が成立していなかったら100万円の返済義務が生じます。

この判断がとても難しいので専門家に頼って相談した上で行動されるのをおすすめします。

もしあなたが最後に返済した時から5年は経っているかもしれない。。。

と思われたら疑問を持っていただきたいです。

では、もし5年経過していたらどうしたらいいのか?

5年経過していた場合

基本的には内容証明郵便という配達証明付きで「時効ですよ」という書類を作成します。

書類のタイトル:「消滅時効援用通知」

内容:貸金の督促されていますが、時効を援用します。

日付、名前、押印、ふりがな、生年月日

A4用紙に1行 20字 26行

といった定型書式を作り上記内容を記入します。

出来上がったらコピー2枚コピーして合計3部にします。

内容証明郵便を取り扱っている比較的大きな郵便局を調べます。

郵便局で内容証明配達証明付きで依頼すると下記2点が証明されます。

  • 1部は郵便局が保管して、こう言った内容の郵便を送りました。
  • 相手側に配達完了しています。

これで確実に時効の援用が確定します。

内容証明を利用するメリット

確実に相手に通知した事を証明できるのはもちろん、その日付も確定されます。後から日付がいつだったか問題になる事をさけるためにも必要な通知を確実性が証明されます。

あとから「そんな通知は受けとってない」と言われないためにも重要な証拠が必要になります。

5年経過したら放置していいのか

時効にかかって5年経過したら時効の援用をせずに放置していてもかまいませんが、督促はストップしません。

間違って「返します」と言ってしまった場合は「時効の中断」「時効の利益の放棄」となってしまってまたそこから時効期間が再カウントされます。

この場合、時効じゃなくなってしまうので、5年経過した場合は時効の援用を必ずしておくといいと思います。

時効というのは援用するとしないとでは、借金が0になるか、まるまる残るのか、極端な結果になってしまいます。

また例外もたくさんありますので、5年経過していれば法律相談しておかれるほうがいいかと思います。