借金の時効援用が成立。その後ローン組める!?〜実例紹介

時効援用したらすぐローンが組めたり、クレジットカードの審査に通るようになるのでしょか。

借金時効援用

  • どのくらいの期間が必要?
  • 実際に住宅ローンの審査に通った人はいるの?
  • 落ちたりしない?

ということが気になりますよね。

大前提としては、過去に借りたものを返さずに、またクレジットカードやローンを組むのはとても都合の良いことにもなります。

借金を踏み倒された側からすると新しく貸したくないのが本音です。

それでも、私たちは今後の新たな生活を送る上でもローンを組むのは大切な事柄になります。

借金時効援用

マイホームを持ちたい

クレジットカードを持ちたい

このような希望は叶うのでしょうか。

記事後半では実際に時効援用した方が住宅ローンの審査を受けたエピソードもご紹介しています。

あなたの信用情報はどうなっている?

借り入れの種類によって借り入れの記録が残ります。

  • CIC・・・・クレジットカード会社・信販会社
  • JICC・・・・信販会社・消費者金融
  • 全国銀行個人信用情報センター・・・銀行

これら信用情報取り扱い機関にすべての履歴が管理されています。

時効援用通知が受理されたあとも一定期間情報が残る場合がありますので、それぞれの取り扱い内容を調べる必要があります。

借金時効援用

CIC

時効援用をすると「貸し倒れ」や「契約終了」と表記されます。

これは事故情報(いわゆるブラックリスト)というもので5年間は情報が載ります。

つまり、時効援用後5年間は新しい借り入れやクレジットカードの審査は難しいと考えられます。

JICC

時効援用すると「完済」と表示される可能性が高いです。

一般的には「完済」の表示がされてから5年間は情報が載ります。


これらをまとめると、時効援用をしてから5年間はクレジットカードの新規作成や住宅ローンなどの申し込みは難しいでしょう。

しかし、考え方によってはメリットにもなります。

その5年間で頭金を貯めるなど計画的に行動し、ローンが通る状態になったらすぐに借り入れなどの行動できるように準備しておきましょう。

確認方法

時効援用から5年が経過し事故情報が消えたからといって必ず審査に通るわけではありません。

年収や職業、勤務歴などのステータスによって判断されることには違いありません。

時効援用から5年経過したらまずは自分の信用情報がどのようになっているのか確認してみるのがいいと思います。

確認だけなら簡単にできます。

信用情報の確認方法

スマホやPCで信用情報の確認ができます。費用は1件1000円です。

窓口でしたら500円程度で開示できますが時間や場所も限られていますのでWEB請求が便利でおすすめです。

自分で調べる方法の記事を書いていますので参考にしてみてください。

専門家(司法書士や行政書士)に依頼する方法もあります。

書類作成から、情報請求、資料の見方などアフターフォローもしてくれるので自分では難しいかたは依頼してみてください。

アヴァンス行政書士法人 消滅時効援

時効援用後に住宅ローンを申し込んでみた

実際に時効援用後に住宅ローンを申し込んだ方の実例がYahoo!知恵袋にありましたのでご紹介します。

・消費者金融8社から総額300万借り入れ

・15年放置

その後信用情報機関に問い合わせ→事故情報(ブラックリスト)に記載なし

この事実を確認後、下記を申し込み。

クレジットカード:3枚申し込みし、審査に通過。

マイカーローン:銀行のマイカーローンは通らず。

おそらく、銀行のローンには消費者金融が保証会社になっていることが多いのですが、過去に放置していた消費者金融が今回の保証会社になっていたようです。

ローンを組む時は保証会社がどこになっているのか注意した方が良さそうです。関連がなければおそらく問題なくオートローンは通るのではないでしょうか。

その後、保証会社が自分と関わりがない会社を選択したらオートローンに通ったそうです。

そして、オートローンが完済しました。

一年後、クレジットカード、オートローンの返済実績を積み重ねて、住宅ローンを申し込みました。

無事に審査に通ったそうです。

返済実績を作るというのが大事ですね。

それまでは貯金をして頭金を増やせるので好都合!と前向きに考えるのがいいかもしれませんね。

まずは、ご自身の信用情報がどうなってるのか調べてみてください。